シゲのG'log

"High Speed Boyz“という精神に侵食されています

【20】GReeeeNと不思議な大脱走〜福島南相馬編〜

f:id:shigeglog:20221124101927j:image

 

冒頭の注意書きが必要ないということに気づいてツアーファイナルを実感してきました。

とうとう長い長い脱走劇の終末です。

 

 

 

 

 

今回で20回目でしたが、過去一の辺境だったので公演前日にいわきに泊まることにしました。

 

f:id:shigeglog:20221124102121j:image
f:id:shigeglog:20221124102125j:image

 

初めていわきに来ましたがお店は多いし、普通に地方都市って感じでしたね。

(某氏いわく、いわきは東北第2位の都市らしい)

 

この日は仕事終わりに特急に乗ったので着いた頃には21時を過ぎていました。

腹も減ったので駅の近くにあったラーメン屋へ。

 

f:id:shigeglog:20221124102355j:image
f:id:shigeglog:20221124102359j:image

 

お姉さんのビールの注ぎ方が上手すぎました。

上手く注いだビールはマジで美味い。

 

そしてホテルに着いたんですが、今回は旅行支援クーポンを使いました。

ワクチン接種証明書が迷子にならずにいい子にしてたのでクーポンあざすです。👏

 

f:id:shigeglog:20221124102649j:image

 

3000円分のクーポン券ももらいました。

明日は豪遊できそうですね。

 

今回のホテル、最上階に展望浴場があるんですが、私が泊まった部屋もなんと最上階。

 

f:id:shigeglog:20221124102806j:image

 

部屋から数メートル先に温泉があるという神アクセス。

温泉に癒された後は部屋に戻りワールドカップを観てました。

 

f:id:shigeglog:20221124102923j:image

 

 

 

そして、翌朝。

 

この前の日からアドレナリンがドバドバで一睡もできていなかったんですが、また眠れませんでした。😇

 

眠るってどうやってたっけ、、、

 

予定よりクソほど時間もあるので朝風呂かましてから朝食に向かいました。

 

f:id:shigeglog:20221124103145j:image

 

(相変わらずビュッフェで綺麗に盛り付けられない)

 

 

 

浜通りエリアを通る常磐線

めちゃくちゃ電車の本数が少ないので常に時間をチェック。

9時台唯一の原ノ町行きに乗り、約1時間半ひたすら電車旅です。

 

途中、太平洋も見えてどの駅も新しくて震災の爪痕を感じました。

建物も築10年前後のものが多かったですね。

 

ぼーっとそんな思いに耽っていると最後の目的地に到着。

 

f:id:shigeglog:20221124155614j:image

f:id:shigeglog:20221124155815j:image

 

駅構内は手狭で「地方に来たなぁ〜」と実感します。

着いた時点で昼前だったので、コインロッカーに荷物を入れて少し早めのランチに。

 

f:id:shigeglog:20221124155932j:image
f:id:shigeglog:20221124155928j:image

 

いわきで手に入れたクーポンが使える店ということで頼めるだけ頼んだ結果、かなりしんどいことになりました。笑

 

その後は歩いて会場へ。

雨だけじゃなく風も出てきたのでそこそこの苦行。😇

どうやら私が一番乗りだった模様。

 

f:id:shigeglog:20221124160243j:image

 

着いた時は館内は絶賛セッティング中で、フォトスポットのレイアウトに試行錯誤していました。

都度会場のスペースに合わせてファンの為にたくさん考えてくれてありがたい限りですね。

途中、私に気づいたおナスさんがわざわざ準備中にもかかわらず外に出てきてくれました。

 

わたし「おはようございますw」

おナスさん「早いねぇ〜😁😁」

わたし「予想より早く着きました😂」

おナスさん「今年何回目??」

わたし「今日で20です」

おナスさん「おぉ!ちょうど半分!」

おナスさん「たぶんシゲくんが一番来てるんじゃない?」

わたし「マジすか😳」

おナスさん「ゆみーんさんとかも結構多いはず」

わたし「たしかにしょっちゅうお会いしました笑」

わたし「今日って何時くらいにオープンですか?」

おナスさん「うーん、、あと30分で開くよ!」

わたし「了解です🫡30分前なのに誰もいないですけど😇」

おナスさん「wwwww 今日もファイヤーしていって🔥」

わたし「🤘🤘🤘🤘🤘」

 

その数分後には他のファンの方々もチラホラと姿を見せ始めました。

 

館内も開放されたので私も中へ。(外寒い)

 

f:id:shigeglog:20221124160730j:image
f:id:shigeglog:20221124160735j:image

 

 

この日がファイナルということで、今回のツアーチケット全て持ってきました。

 

f:id:shigeglog:20221124161004j:image

 

(左のローチケじゃないのは追加購入した中野公演です。)

 

20枚もチケットがあるとそこそこの分厚さになりました。

さすがにもうこんなにチケット買うことはありません。笑

 

 

 

そして最後の開場も始まり、いつも通り、開演10分前に私も入場。

 

奥に進むと雷蔵さんがファンにサインを書いていました。

 

わたし (そろーっ)

雷蔵さん「おぉ!ゲーシーじゃん!」

わたし「wwwwwwww いやぁ、とうとうこの日が来ちゃいましたね、、」

雷蔵さん「そだね、、今年結局何回?」

わたし「今日で20回です」

雷蔵さん「マッジで!?半分じゃん!?」

わたし「🤘🤘」

わたし「もう3枚くらい貰ってるけど最後にサイン貰ってもいいですか??」

雷蔵さん「👍👍」

f:id:shigeglog:20221124162513j:image

 

chて。

YouTube開設の暗示??

 

最後まで愛たっぷりの雷蔵さんでした。

 

 

 

 

 

さて、お待ちかねの最後の座席発表です。

 

今までは全て一般席でしたが、ファイナルということで本ツアー最初にして最後のVIP席でございます。

 

席は、、、

 

 

1階E列13番

 

 

程よく見えやすい距離かつ、通路席の隣という今年何度も見慣れた画角の席でした。笑

 

でもステージとの距離は中野編とのギャップもあってめちゃくちゃ近く感じました。

スピーカーとも距離が近いせいか音がデカい気も…。😂

 

ファイナルということで、いろいろとごちゃごちゃ考えすぎたくないなと思っていましたが、頭真っ白に120分過ごせたように思います。

前方エリアの使命は熱量を後ろに伝染させることだと思っているので。

 

終演後はホテルに一緒に泊まるメンバーたちと駅に戻り、いわき方面の最終電車へ。

 

f:id:shigeglog:20221125125139j:image

 

東京じゃ絶対見ることのないやつ。笑

 

その後は広野駅で下車し、ホテルにログイン。

なんとまたホテルに大浴場があったので優勝しました。

(露天風呂もあったの強すぎる)

 

入浴後はみんなで集まって飲んだり語ったり、、

 

f:id:shigeglog:20221125125635j:image

 

2日間一睡もしてないのに楽しすぎてビール追加で買いに行ったのはヤバい😇😇

 

結局寝たのは3時頃。

 

そして翌朝、目が覚めてiPhoneを見ると、、

 

 

「6:00」

 

 

は??

3日で睡眠時間3時間は意味分からん。🤦‍♂️

二度寝をするとたぶん目覚めなくなると思ってまたまた朝風呂かましてきました。

 

他のメンバーももそもそと起き、揃っていわきへ。

 

広野駅では太平洋も一望できました。

 

f:id:shigeglog:20221125140007j:image

 

空が気持ち良すぎる。。

ライブ日和すぎてわろた😇

 

 

 

いわきから直帰する人、いわきで時間を潰して帰る人、東京行きのバスを待つ人、といった具合にみんなバラバラになるので記念にパシャリ📸

 

f:id:shigeglog:20221125140351j:image

 

そして、私はというと、、、

 

 

f:id:shigeglog:20221125140608j:image

 

二度とないくらいツアーに行って最後に行き着くべき場所ってここしかない気がしました。

 

いわきから郡山行きのバスに乗って、昼過ぎに着いたので郡山にてランチ。

 

f:id:shigeglog:20221125140835j:image

 

その後はタワレコを覗いて、私も彼も同じくらいの時間の新幹線とバスだったので駅でお別れ。

 

 

 

 

 

今年は能動的に理想的なツアーにできたかなと思います。

1月の時点で「今年は特別なツアーになる、いや、自分でそうする!」と決めていたのと、「いつかは限界までライブに行ってみたい」というのもあり、それなら今年がベストだと思い、注ぎ込めるだけのリソースをこのツアーに込められたかなと思います。

(その結果の20公演)

 

ただ、まだコロナ禍である以上コソコソと行くことにしてTwitterは動かさず、参加後にこうしてブログにまとめる形にしました。

5ヶ月間孤独を覚悟していましたが、ほぼ全ての公演で仲間が会場で見つけてくれて実はこっそり泣きそうでした。

本当に感謝しか残っていません。

(Twitterで会いたかったと言ってくださった皆様、次回リベンジしましょう)

 

 

20公演、同じ景色はありませんでした。

各地でそれぞれの空間が生まれていたように感じました。

目の当たりにした景色たちが1月に集結するのだと思うと本当に待ち遠しいですね。

 

5ヶ月間このシリーズにお付き合いいただきありがとうございました。

読んでくれる貴方がいたから書き終えられました。

 

f:id:shigeglog:20221125153233j:image
f:id:shigeglog:20221125153258j:image
f:id:shigeglog:20221125153243j:image
f:id:shigeglog:20221125153316j:image
f:id:shigeglog:20221125153251j:image

f:id:shigeglog:20221127093441j:image
f:id:shigeglog:20221127093445j:image
f:id:shigeglog:20221125153307j:image

 

 

 

帰宅後はスイッチが切れたように12時間寝倒しました。🤗

(その後は2日間出張でした)

 

 

 

 

 

twitter.com

『GReeeeNと不思議な大脱走』で宇宙を見た話

 

f:id:shigeglog:20221102104332j:image

 

GReeeeNライブツアー2022『GReeeeNと不思議な大脱走』のセットリスト、及びライブ本編に関する感想です。

 

 

過去ツアーの記事はこちらから

shigeglog.hatenablog.com

 

shigeglog.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セットリスト

 

01. 超・風

昨年の「ツーナゲール」のキービジュアルで

風のように吹き去っていく

からの開幕『超・風』。

全繋大作戦ですやん。🤦‍♂️

初日公演でツーナガールちゃんのTシャツ着ていた私はひっくり返りました。

このツアーが全てを布石にしてとんでもないツアーになることをここで思い知ります。

 

 

 

 

02. 勝ちドキ

 

f:id:shigeglog:20221010213515j:image

 

畳みかけ方がエグい。

大谷、トラウトで並べるエンゼルス打線か?

今年も最後のサビでヘドバンして頭部が吹き飛びました。

 

 

 

 

03. ソラシド

地味にこの曲好きなんですよね〜。。

ライブ御用達な曲だから好きというのもあるんですが、これだけ少年心をくすぐりながら理性の解放を歌われたらそりゃ好きになる。

 

 

 

 

04. BEST FRIEND

 

f:id:shigeglog:20221010213611j:image

 

ソラシドと同じく5年ぶりの曲が続いてもう魂はアリーナにダッシュし始めました。

でもライブは始まったばかりなので魂は呼び戻します。

 

 

 

 

05. オレンジ

オレンジが来ると「不思議シリーズが帰ってきた!」と実感できますね。

ちなみにもう既に私の体力は尽きています。

 

f:id:shigeglog:20221010213841j:image

 

 

 

 

06. 4 ever ドーン!!!!

ONE PIECEの作者とコラボ!?もうセトリ入り決定じゃん!」とTwitterで満場一致だったのが面白かったです。

もっと面白いのは唐突なこのタイミングで来たことです。

まぁ直前の「パーラダーイス!」でワクワク感のメタファーになってるんで来るべくして来たと納得できます。笑

 

 

 

 

07. 2/7の順序なき純情

昨年のダンサブルですね。

ツーナゲールは10回くらい行ったので嫌でも振り付けが残ってました。

 

 

 

 

08. 流星のカケラ

2/7はダンサブルの選曲として良いなと思っていたんですが、正直今回は踊る気ゼロでした。(個人的に)

今回が初披露だし聴くのに徹していたんですが、最後のサビで92さんが踊らず歌っていたのは思わず「推す!!!👈👈👈👈」となりました。

背景で流れる歌詞がお洒落なのも良かったです。

 

 

 

 

09. 愛唄

毎年この曲が出てくるたびに「あなた出てくるの早くない!?」となっていたんですが今年は久しぶりにこの辺で登場しましたね。

昨年同様初めてGReeeeNのライブに来た人が多くてもここで一気に会場の一体感が増したように思います。

 

 

 

 

10. 青焔

アルバムがリリースされてから、ライブで披露されるのを心待ちにしていたファンが多かったこの曲。

満を辞して披露されました。

イントロの二段構えが想像以上にライブ映えして青い炎に焼かれましたね。

ストーリーとの繋ぎ方もかなり力入った演出で見応えありました。

 

 

 

 

11. ハロー カゲロウ

アーオーからのハーローで初日公演で思わず笑ったのは私です。🙄

韻踏みは面白いですが、メッセージ性の強い2曲が「絶対に夢は諦めない!」とHIDEさんが叫んだ後に続けて披露されたのはかなりカロリー食いますね。

いろいろと語り合ってると、どうも銀テの発射音が聞こえた(気がする)のは私だけじゃなかったらしいです。

 

 

 

 

12. weeeek

初日、何故かギターが聴こえた瞬間にNHK『SONGS』の菅田将暉さんの「ライブで最も盛り上がる曲」というナレーションが頭をよぎりました。

イントロがライブ映えしすぎ。

たしか愛唄と売上枚数同じくらいなんですっけ。

そりゃあの一体感になりますわ。

 

 

 

 

13. PHANTOM〜約束〜

こちらも4 ever同様にみんな察してた曲。

背景に帆船が出てきて帆にGReeeeNの影が映し出されるのが好きです。

めちゃくちゃエモいアウトロが終わって「ミステリアァァス グゥレェェト エスケェェェェェプ」に続くのが違和感なさすぎておもしろいですね。笑

 

 

 

 

14. あの日のオレンジ

今年のソロコーナーはあの日のオレンジ。

まさかのこのタイミングで来ましたね。

 

f:id:shigeglog:20221010213739j:image

 

オレンジ復活の年に合わせてのセットリスト入りにイントロで100回頷いてしまいました。

数の暴力に任せて(20公演参加)今年もコンプリートしたので全員分の感想をさらっと。

 

HIDEさん

原曲でもメインボーカルなので皆さんも一番耳馴染みあったと思います。

オレンジとは違った繊細さが出てるのがいいですね。

 

92さん

歌声への感情の乗せ方が一番良かったです。

情景が夜の時の92さんはめちゃくちゃバチッとハマる。。

 

naviさん

相変わらず歌うっっま、、、

GReeeeNのエースはやっぱ違いますわ、、、

ただただ聴き惚れてた。

 

SOHさん

そのロートーンボイスは「男子からのオレンジ」であるこの曲をこれでもかというくらい表現してくれましたね。

永遠に聴ける。

 

 

 

 

15. あの頃から

この曲もおかえり。ってやつですね。

失恋曲なのにライブではアガるのがZeddのClarityを初めて聴いた時の新しい感覚を知ったのを思わせます。

 

 

 

 

16. たそがれトワイライト

個人的今年のダンサブル。

電光石火からセトリ入りするならこれしかないと思っていたので、"あの頃から"のメドレーも含めて100点満点でした。

 

 

 

 

17. 虹

"オレンジ"、"weeeek"などこれらの曲が復活するとGReeeeNのツアーが帰ってきたと感じる人も多かったと思います。

とりあえず2番聴かせてくれ…。

 

 

 

 

18. every

初日、イントロのピアノが聴こえた瞬間に頭を抱えて動けなくなりました。

10年前、ニコ動で見たあの時から大切な曲の一つです。

Twitterでも5万回言ってますが、ピアノ+ドラム→+シンセ→+ギターで音が重ね合わさっていくのズルくない?

 

f:id:shigeglog:20221010214005j:image

 

 

 

 

 

19. U R not alone

この曲のコンセプトはGReeeeNの全ての応援歌の源流だと思います。

そして本ツアーでとてつもなく重要な役割を担った曲ですね。

これについては後半に記します。

 

 

 

 

20. キセキ

さっきから畳みかけがエグい。

ライブで13回目の披露になるらしいです。

甲子園常連の強豪校ですね。

この曲では観客の8割がGReeeeNのライブに来るのが初めてとは思えないボルテージの上がり方してて、"ギネス保持"のパワーを感じました。

そして私の最も痺れたところは最後の『君を愛してる』です。

絞り出してる感じでとてつもないクソデカ感情が込められたのを感じました。

その時の左手がもう、、、🤦‍♂️

The wayのサビ前のJINさんを思い出しました。

(0:36〜のところ)

 

 

キセキは今年20回聴いて20回やられました。

 

 

 

 

21. たけてん

そこから続けてのたけてんです。

もう完全にキセキの歌詞とリンクしてしまいました。

『明日 今日よりも好きになれる』の「昨日」はたけてんでの時間軸なのかもしれません。

 

 

 

 

en01. オトノナルホウヘ!!!!

祭りの合図はアンコールの合図。

毎回「ここから本編です」みたいなテンションにさせてくれます。

それにしても今年のモンブランピクチャーズさんの気合の入り様が凄まじい。

提灯や櫓のリアルさ。笑

 

 

 

 

en02. ハイタッチ!!!!

いわゆる"タオル曲"ですが、毎年タオル持たない人です←

たまにずーっと脳死でタオル振りっぱなしの人いますけど一周まわって好きです。

ここで体力空にしてけ。💪

 

 

 

 

en03. 自分革命

ツアー開始まで最新曲だった自分革命がここで登場。

ツアーで初聴きだったのでブチ上がりすぎて記憶障害になりました。

カミツキのHAGIさんのギターが入るところで本能的にヘドバン開始してましたね。

『樹立宣言』という歌詞になぞらえて樹の成長の源である、雨が降り注ぐシーンは圧巻でした。

 

 

 

 

en04. アカリ

"自分革命"で降っていた雨は上がり、美しい夕焼けへと空は色を変えていきます。

必死にもがいた後には美しい未来が待っていると暗に言われたような気がします。

曲がゴスペルなのでなんとなく屋内の情景がイメージとしてありましたが、今回で野外映えの可能性を思い知らされました。

 

 

 

 

en05. 星影のエール

MCを挟み、夕焼けからさらに時間は進み、綺麗な夜空へとなりました。

『互いに照らし合う』というのは後述の"量子もつれ"のような関係性だなぁと思いながら毎公演全身で受け止めていました。

 

 

 

 

 

 

 

『宇宙を見た』について

 

ここまでブラウザバックせずに読んでくれた方、ありがとうございます。

どこにもアウトプットできずに7月からずっと書きたかったことを書きます。

めちゃくちゃ長いし難しい話になるので読むのがしんどくなったらいつでも離脱してください。

 

 

では、続きます。

 

 

 

ツアー開催の発表と共に公開されたキービジュアルを見たとき、このワードが気になって気になって仕方ありませんでした。

 

 

 

マルチバース

この言葉が今回のツアーにどう結びついていくのか。

実際にライブに行き、私の中ではこんなイメージが形成されていきました。

 

 

「このツアーではパラレルワールドが描かれているのではないか?」

 

 

ここでいう"パラレルワールド"とは、二重スリット実験の観測問題における『エヴェレット解釈』(別名:多世界解釈パラレルワールド解釈)を指します。

 

(※物理ド素人が右も左も分からず書いてるので終始ちぐはぐですが、詳しい方は温かい目で見守ってください)

 

 

 

 

『二重スリット実験』について

まず、二重スリット実験について。

このワード自体はGReeeeNファンには聴き馴染みのあるものだと思いますが、量子力学上における二重スリット実験については知らない方もいると思いますので、こちらの動画をまずはご覧ください。

 

youtu.be

 

正直難しすぎるので「量子をスリットに向けてぶっ放してて、観測してるかどうかで粒の顔してるのか、波の顔になるか変わるんだな🤔」くらいに考えてください(笑)

 

そしてこの実験で提唱されている有名な解釈が2つあります。

 

まず1つが『コペンハーゲン解釈』です。

簡単に言うと、量子というのは「複数の状態(粒と波)を持ちながら常に変化し続けていて、観測することで状態が収束する」そして「その収束結果は確率で決定する」という考え方です。

量子の位置や状態は観測されるまで波であるか粒であるか特定できず、観測した空間の各点に粒として現れるとしたようです。

(訳分かりませんね。ちなみに"シュレディンガーの猫"はこのコペンハーゲン解釈に反論するものとなります。やっぱり訳分かりませんね。でもここは訳分かんないまま読み進めても大丈夫なとこなのでご安心ください🙆‍♂️)

 

 

2つ目は先ほど出てきた『エヴェレット解釈』ですが、この解釈では粒子や波といったミクロの世界だけではなく、この世界の全てが量子的存在であり、重ね合わせの状態である、とされています。

我々人間も量子的存在であるとし、粒子として存在する世界と、波として存在する世界が並行的に存在している、従って「観測者が観測した結果、分岐してどちらかの世界の観測結果を見ているだけのこと」と考えるものになります。

起こる可能性がある事象の数だけ世界が存在する、世界そのものが多数に分岐するという解釈です。

この「世界が複数に分岐する」というのはSFやアニメの世界でも出てくる並行世界のような世界観をイメージすれば良いかと思います。

 

 

 

 

量子もつれ』について

そして、量子力学でもう一つ出てくるのが『量子もつれ』という問題です。

量子もつれとは、2つの粒子が非常に強い相互関係にある状態のことで、粒子の運動量の状態をコインの裏表のように共有する運命共同体のような状態を指します。

例えば、Aという粒子が上向きの回転をしているなら、Bという粒子は下向きの回転をしている関係であり、Aが下向き回転ならBは上向き回転になるということです。

 

これだけならなんとなく理解できると思いますが、量子もつれの面白いところは、このAとBの粒子の関係性は宇宙の端っこから端っこの距離であっても、片方の粒子を観測した時点で、もう一方も同期するというところです。

宇宙の彼方であっても、Aが上向き回転なら、それを観測した瞬間にBは下向き回転になるというものです。

 

先ほどのコペンハーゲン解釈とエヴェレット解釈を量子もつれに当てはめて考えると、2つの解釈で違いが生まれます。

 

 

コペンハーゲン解釈量子もつれを説明すると、Aの粒子が上向き回転であると観測した後、光を超えるスピードでもう一方の粒子Bにその情報が伝わり、Bが下向き回転であることが確定するということになります。

しかし、この宇宙において、光のスピードを超える物質は現時点で存在しません。

そのため、コペンハーゲン解釈では量子もつれの説明に矛盾が生まれてしまいます。

 

そこで出てくるのがエヴェレット解釈です。

エヴェレット解釈では、起こりうる全ての事象、あらゆる可能性の世界が同時に並行して存在し、分岐されることにより1つの世界に確定されるというものでした。

この場合、情報伝達のスピードは全く関係ありません。

「上向き回転の粒子Aと、下向き回転の粒子Bである世界」と「下向き回転の粒子A、上向き回転の粒子Bの世界」が同時に存在し、Aの粒子の回転が観測された時点でどちらかの世界に分岐するというものになります。

そのため、AとBの粒子が銀河レベルで離れていても説明できることになります。

 

 

 

 

パラレルワールド』って結局なに?

いろいろ省きながらなので、はてなマークが多々あるかと思いますが、ここまでコペンハーゲン解釈と比較しながらエヴェレット解釈におけるパラレルワールドについて書きました。

では、このパラレルワールドをもう少し身近な例に例えていきたいと思います。

私たちの存在するこの世界は、3次元空間を時間の方向に少しずつズラしてパラレルに無限に重ねた世界、4次元の世界です。

ざっくり言えば、2020年の宇宙、2021年の宇宙、2022年の宇宙が少しずつ重なり合っている世界のことです。

では、もう一つ上の次元、5次元にいってみると、5次元は別次元の2020年の宇宙、私たちが存在する2020年の宇宙、別次元の2021年の宇宙、私たちが存在する2021年の宇宙、別次元の2022年の宇宙、私たちが存在する2022年の宇宙といった4次元空間をパラレルに重ねた世界のことになります。

SFやアニメでイメージしてくださいといったパラレルワールドはこの5次元の世界に当たります。

このパラレルに存在する宇宙については、マルチバース理論というものもあり、その理論では宇宙は10の500乗通りの数が存在するとも言われています。

 

ここまでエヴェレット解釈では宇宙全体を量子的に扱い、宇宙はたくさんあるということを長々と書いてきましたが、これはつまり、様々な可能性の自分が同時に並行的に存在しているということにもなります。

今いる自分は過去の選択や決断によって分岐を繰り返した結果、選ばれた世界にいるということです。

 

 

 

 

『エヴェレット解釈』で見る『GReeeeNと不思議な大脱走

ここまでを踏まえてGReeeeNと不思議な大脱走に戻りましょう。

尾田先生によってデザインされた4人は、日常の中で挫折をし、楽園に行くというところから物語は始まります。

その中で楽園の実態を知り、脱走したいという気持ちやお互いに音楽が好きであるということを知っていきます。

そして、脱走をする中で忘れてしまった夢や4人で新しい夢に向かっていくというストーリーです。

 

このストーリーの中で、4人は様々な選択を取っていきます。

挫折をして楽園に行くという選択、脱走をするという選択、そして何よりトロッコに乗ってクイズに答えていくというのは、"選択"において本ライブで大きく描かれたものだと思います。

ここでエヴェレット解釈を思い出してみると、エヴェレット解釈のパラレルワールドでも"選択"というのはキーワードになっていたかと思います。

そして、ライブで出てきたトロッコ問題には、複数パターンの問題が用意されていたのは何度もライブに行った人はご存知かもしれません。

さらに、今回のツアーでは、ダンサーもサブメンバーを用意し、公演によってはダンサーの組み合わせも異なる会場もいくつもありました。

このことから、公演そのものを別世界として捉えることもできるのではないかと私は感じました。

40という公演数は40の世界線となり、パラレルワールドの表現になり得るのではないかと思います。

また、物語の中で幸せになれるのはパラダイスにいることではなく、夢を追うことであるとし、コウ・ジョウチョウと決別し、厳しい現実の中でも夢を追いかけることを4人は選択します。

 

そして、コウ・ジョウチョウと対峙した時、巻き貝から同じ声の持ち主からメッセージが聞こえてきます。

その時の描写の中に、まるで時空が歪んだような演出がされていました。

時空を超えて届けられるU R not alone。

「1人じゃない」というタイトルが新たな視点で受け取れそうです。

 

このように多くの選択を経て、自分の本来あるべき姿を模索していくところがライブを通して描かれていきます。

こうして描かれたライブをエヴェレット解釈と照らし合わせた時、物語に登場するアフロン先輩は、夢を追うことを諦め、夢を忘れたもう1人のHIDEの姿なのではないかと思います。

終盤でアフロン先輩もパラダイスから脱出し、夢を思い出していたので、ラスボスを打ち倒すことでもう1人の自分も救済しているような気もします。

マルチバースと同様にキービジュアルにあった「孤独救済」というのは夢を失った別世界の自分を助けることも指しているのかもしれません。

 

夢を叶えている自分も、夢に挫折している自分も、そして夢を忘れてしまう自分も、また夢を追いかける自分も、全ては同時に存在し、今の自分がどの自分なのかは今この瞬間の選択によって決まっていく。

今を生き切るということ。

1日、1時間、1分、1秒。

その日、その時、その瞬間の選択こそが最も重要である。

 

これがGReeeeNと不思議な大脱走で描かれたテーマの一つなのではないかと思いました。

 

 

 

そして、ライブの最後。

"星影のエール"で星空、ひいては宇宙を想起させ、曲は終わります。

 

過去の『不思議シリーズ』のツアーではシルエットのメンバー自身が物語の世界にいましたが、今回はキャラクターと切り離されていました。

しかし、時空が再び歪むことで別個の存在であった8人が一堂に会します。

 

ここから物語はどう動いていくのか。

 

彼らの夢の続きが楽しみです。

 

 

 

 

誰かの言葉に苦しめられ

誰かの言葉に助けられ

やはりこの世は人と人の関係の上に成り立ってる

後悔のない人生を送りたいなら

言うべきことは言うし

やるべきことを間違わず

まごころを疑わず

 

それも愛かもね

 

あなたがあなたらしく生きれるように

願いを込めて

 

 

 

 

 

 

※本記事は筆者による偏見と想像でありライブ内容を的確に表したものではございません

 

 

 

 

 

twitter.com

【19】GReeeeNと不思議な大脱走〜東京中野編〜

※本記事は公演内容に関する記載があるためネタバレを含みます。閲覧には充分ご注意ください。

 

 

やっべぇ、、

 

やっべぇすわ。

 

 

 

 

今回、厚木公演の時に追加で取った公演なんですが福岡市民会館の再来となりました。

 

 

 

 

今回は平日開催ということで午前中は在宅勤務、午後休暇を取って中野サンプラザにやって参りました。

 

f:id:shigeglog:20221110235933j:image

 

中野は実は昨年の8月にも行ってました。

来年に取り壊しとのことで、ここも行けば関東公演制覇できるじゃんと思い唯一の追加公演です。

 

流石11月。

陽が落ちてからエゲツない気温差でガクブルでしたが、今回の私のハートは大火災の如く燃え上がっていました。

 

なぜなら今回は一般販売チケットでしたが、27列というPA席の真後ろ。

しかもおなじみの通路席

関東最終公演にして関東最強座席が到来しました。

 

開演前にはハイテンションボーイズや音武者の面々と会いました。

 

f:id:shigeglog:20221111004338j:image

 

f:id:shigeglog:20221111000433j:image

 

えー、、、

もしかしたらYouTubeショートかTikTokに出ちゃうかも、、、😇

 

 

 

 

そして、音武者さん。

 

f:id:shigeglog:20221111004352j:image

 

 

前日に発表された自主イベントの追加バンドにBeast Loveの名前があり、音速でチケットを取りました。

 

 

 

(オフレコネタです)先月、吉祥寺のライブハウスでおナスさんとバッタリ会って、「今度ヤバい発表あるよ」と聞いてからドキドキしながら過ごしていましたが本当にヤバい発表でビックリでしたね。

 

名刺を受け取った際も「12月のチケット取りました!(クソデカボイス)」と伝えられたのでツアー終了後も楽しみです。

 

そして開演5分前に着席。

 

開演間際には雷蔵さんも私の横を通り過ぎ、手を振ったら「席ヤバwww」と大笑い😇

 

 

 

そして、開演時刻。

私の横を通り過ぎ、JINさんのおなーりーーー(五体投地)

 

座席も福岡の時と似すぎていて脳がバグりました。🙄

 

福岡編を読んだ方はお察しの通り、今回もステージは全く見れませんでした。

 

 

 

もう白状しちゃいますが、今回が私のセミファイナルです。

ツアーを終える前にこれを再度体験できたのはまさに天の導きと思えました。👼

あのタイミングでチケットを取らなければ起き得なかったことなので、不思議な力というか、巡り合わせがあるものですね。

 

そして、以前チラッと書いた総まとめ編も先日ほぼほぼ書き終わりました。

 

 

 

あとは千秋楽の終演と同時に上げるだけです。

(ようやく自由の身となり今回の中野公演は気持ち良すぎたというのもある)

 

終演後は若い面々と短時間ながら乾杯🍻

 

f:id:shigeglog:20221111005250j:image

 

マスターズドリームは金沢ランチ以来。

 

いろいろと語ってたらあっという間に終電の時間でした。😭

(中央線遅れてたから1000年ぶりに乗り換えガチダッシュ)

 

翌日も仕事ですがセミファイナルとして文句なしの1日となったように思えます。

(「中野は群馬よりも書くことねぇなぁ〜〜」とか思ってましたがネタが濃すぎる…。)

 

 

 

 

 

では、また次回にて👋👋

 

f:id:shigeglog:20221111003203j:image
f:id:shigeglog:20221111003200j:image

 

 

 

 

 

 

twitter.com

【18】GReeeeNと不思議な大脱走〜群馬前橋編〜

※本記事は公演内容に関する記載があるためネタバレを含みます。閲覧には充分ご注意ください。

 

 

本ツアー最もお久しぶりですって感じですね。

まぁ、前日もみゆはんのライブ行ったりしてるのでライブ自体は普通に行ってます。笑

 

GReeeeNのライブはほぼ1ヶ月ぶりということで、18回目ですがかなりリセットされてまっさらな感性で参加できた気がします。

なんならこのツアー1回目のメンタル。

 

 

 

前日に帰宅したら日を跨ぐくらい飲んでたので、寝坊も視野に入れていたんですが、まさかの寝付けずほぼオールでのライブ。😂

そして、高崎行きの在来線グリーン券を取ったのですが、Apple Payがご臨終となり朝から大波乱となる始末。

 

前の日に「群馬編書くネタないわぁ〜〜」とか言ってたらこの様です。😇

急遽Suicaを再発行しグリーン券も取り直し、いざ出発。

まずは上野駅に着いたのですが、この時点でもうお昼。

高崎パスタを狙ってましたが朝の大事件により仕方なく上野で昼ごはん…。

 

駅に一蘭があった記憶があったので向かったのですが、まさかの行列。

仕方ないの連発でお隣の鯛出汁ラーメンのお店へ。

 

f:id:shigeglog:20221030204922j:image

 

ラーメンに味玉入れがち。

都内でオススメのラーメン屋あったら教えてください。

 

腹ごしらえも済んだので上野駅から高崎線に乗ります。

 

f:id:shigeglog:20221030205022j:image

 

寝れていないので快適な睡眠を獲得しました。

 

だいたい2時間くらいで高崎駅に到着。

そこから乗り換えで前橋駅へ。

 

前橋駅からはバスに乗るのですが、バスの待ち時間でローソンでチケットを召喚。

もうこの時点で15時回ってるんですよね。

普通に遠征の所要時間。😢

 

しかも前橋結構寒い。

今回はいつもの服装+ロンTだったんですが、風は強いし完全に失敗しました。

 

バスを降りて身震いしながら会場に着弾。

 

f:id:shigeglog:20221030205413j:image

 

風を避けるために中に入ってると見知った関東勢もちらほらいました。

ついこの前まで真夏の装備だったのに、もうどこもかしこも防寒体制で改めてこのツアーが頭おかしいことを認識しました。

 

そして相も変わらず開演10分前に入場。

おナスさんも流石にコーチジャケット着てました。

 

 

さて、気になる本日のお座席。

 

 

 

1階13列ほぼ中央!

 

目の前の1列が空列だったので一般席の最前列って感じですね。

しかもほぼセンターということでまた優勝席がご用意されました。

 

いやぁ、、かなりブランクがあったので体力ガタ落ちですね。

いつもでさえ、序盤で酸素マスク欲してるのに、今回はそれと合わせて腕に謎の痺れまで出てきました。😨

 

もちろん今もGR禁なう。なので本当に久しぶりにGReeeeNを浴びることができました。

(ソロは92さんでした。席番が29だったので確信のガッツポーズ)

 

そういえばJINさんも衣替えしてましたね。笑

黒のロンT着てました。

 

今後の公演に参加される方はチラッと見てみるといいかも。

 

終演後は外も激寒だし翌日は仕事だしで、軽くご挨拶して前橋駅に戻りました。

(バイバイできなかった人は申し訳ない🙏)

 

行きと同じように電車で高崎駅に戻り、帰りもグリーン車なので駅弁でも買うかと思ったのですが、まさかの営業終了。

ここも終演後だったか。。。

アンコールするべきだよね?

 

アンコールアンチに負けて仕方なく(今日仕方ないこと多すぎ)俺たちの味方、NewDaysで私のメインアクトの準備をします。

 

f:id:shigeglog:20221030210756j:image

 

アンコールはダメでもアルコールは通常営業。

 

結局不幸が重なり群馬を何も満喫できませんでした。😭

これはまた来いという天啓ですかね。

 

 

 

もうツアーの公演数自体も片手で数えられるほどになりましたね。

結構このシリーズも続けるの大変ではあったんですが「読んでます」とか「楽しみにしてます」という声をもらえて本当に励みになりました。

 

今年のツアーは「あれ、この公演週末じゃん。行けるじゃん」の選考基準しか持ち得ていなかったのでこの事態になってますが、次回からは(ツアーがあれば)厳選して申し込みたいなと思います。

 

以上、グリーン車で🍺飲みながらお送りしました。

 

 

f:id:shigeglog:20221030211328j:image
f:id:shigeglog:20221030211340j:image
f:id:shigeglog:20221030211324j:image
f:id:shigeglog:20221030211336j:image
f:id:shigeglog:20221030211331j:image

 

 

 

 

twitter.com

【17】GReeeeNと不思議な大脱走〜広島編〜

※本記事は公演内容に関する記載があるためネタバレを含みます。閲覧には充分ご注意ください。

 

 

(4年ぶりの地元ライブに参加ということで、何を思ったか本記事はほぼ全て方言で書きます。ご了承ください)

 

 

 

よう考えてみたら飛行機乗るんも神戸以来らしいのう。

ほいで今回はマイメンたちも初の広島遠征&今年最後いうことで珍しゅうわし主導のツアーとなったんよ。

 

朝に飛行機乗って広島駅には昼頃に到着。

福岡と違うて広島空港はバリ山の中じゃけぇのう。

ほんまアクセスが悪いんよ。

空港から広島駅までバスで1時間かかるんじゃけど、おんなじ1時間でも鉄道も通っとる成田空港の方がナンボかマシじゃもんのう。

 

前乗りしちょったエプロンズとはわしの提案したお好み村で待ち合わせ。

 

f:id:shigeglog:20221002160100j:image

 

意外とここ来るんも初めてじゃったりするんよね。

観光客向けじゃけど安うて美味いけぇね。

ここは2〜4Fにお好み焼き屋がようけ入っちょるんよ。

 

f:id:shigeglog:20221002175536j:image

(反射して見えづらい)

 

今回おふたりに薦めたのは『八昌』いうお好み焼き屋なんじゃけど、昔からあるようなオーソドックスなタイプの中でもかなり美味いと思うちょるところ。

他にもいくつか候補出したんじゃが、2人は基本「お任せします。ついていきます」いうスタンスじゃったけぇ八昌に入店。

 

f:id:shigeglog:20221002180031j:image

 

わしが頼んだのはベーシックオブベーシックな肉玉そば。

 

 

 

の前に、、、

前週に続きチャージしていかんといけんけぇの。

 

f:id:shigeglog:20221002180014j:image

(撮影:はるるん氏)

 

ちなみに今回の記事でえぇ感じの写真は全てぶち高いカメラ携えたはるるん氏のものを借りちょるけぇね。

今回は飯テロブログじゃわ。

 

酒の奥に見えるんが焼き始めたお好み焼きたち。

今でこそ洋食でもライブクッキングはようけ見かけるんじゃけど、お好み焼きはその先駆けみたいなもんじゃのう。

 

焼き上がっていくんをつまみにビールを飲みよったら知らんうちに半分くらいのうなってきたわ。

 

f:id:shigeglog:20221002180743j:image

 

ブチ美味そうじゃろ?

ブチ美味いんよ。

 

生地は薄め、弾力のある麺、シャキシャキのキャベツと豚肉、下に薄く伸ばした卵。絶対美味いやつなんよ。

 

エプロン氏はいか玉、はるるん氏はわしと同じ肉玉を頼んだんじゃが、2人とも合格点を出したみたいで何より。

 

結構ボリュームがあるけぇ、一皿でだいぶ満腹中枢に来るんよ。

こっから会場まで歩けんこともない距離じゃけぇ広島の街並みを眺めながら、食後の散歩がてら徒歩で行くことに。

 

今年の広島の会場はアステールプラザいうとこなんじゃけど、その隣には昔からGReeeeNのライブをしよったHBGホールもあるんよ。

 

このエリアに来るんも5年ぶりとかじゃけぇ、感慨深いよのう。

 

f:id:shigeglog:20221002181554j:image

 

エントランス入って階段を上がるんじゃけど、天井のシャンデリアがバリお洒落なんよ。

 

f:id:shigeglog:20221002181701j:image

 

 

金沢はひっそり撮ったんじゃが、今回は広島の巨匠もおるけぇ堂々と撮れたわ。

 

f:id:shigeglog:20221002182054j:image

 

なんじゃかんじゃしようたら開場も始まって、わしらもアイス食うたりしよったらいつもの入る時間になったけぇ入場。

 

毎度のごとく雷蔵さんから名刺もろうたんじゃけど、2人は今回で最後じゃけぇサイン書いてもらうよう頼んだんよ。

わしもついでに書いてもろうたんじゃけど、雷蔵さん、やりよったわ。

 

f:id:shigeglog:20221002185200j:image

 

これもう改名せんといけんやつ?

「お前厚木でも書いてもらってたじゃん!」って言われるかもしれんけど、日付が入っとる以上それは無粋じゃろ。

 

 

 

ほいで今回の座席なんじゃけど、

1F10列18番じゃったんよ。

 

で、エプロン氏はるるん氏おふたりの座席が9列17番18番なんよ。

 

連番で取ったわけでもないのにまさかの座席でバリ笑うたわ。笑

しかも18番は通路席いうね。😂

わしと同じ列の3つ4つ隣には金沢でお会いした方もおるし実質仕込み座席なんよ。

 

ほいで今回のアステールプラザ

前回の本多の森ホールが広すぎたいうのもあるんじゃけど、ぶち距離感が狭う感じるし観客の拍手とか反応も聞こえやすい会場じゃった。

こないだの盛岡みたいな感じじゃね。

 

ちなみに広島のソロはHIDEさん。

地元であの日のオレンジ聴けるだけで感無量じゃわ。

冒頭と終盤の「広島のみんなー!」はぶち胸に来るのう…。

初開催地の人らの気持ちがほんまの意味で分かったかもしれん。

17公演目にして(笑)

何かしらの形で全国制覇してほしいもんじゃのう。

 

 

終演後、アンケ回答してステッカーもろうたらなんとまぁ。😳

 

f:id:shigeglog:20221002191105j:image

 

これまでのステッカーと違う形式になっちょる!

しかも表面がツルツルしちょるしえらいこっちゃ。

 

そうこうしよったら、流星のカケラのジャケットコンテストでHIDE賞を受賞した方とお会いしたんよ。

バリバリ本職の人らも多かった中で、広島のファンが受賞したいうんはほんまに嬉しいことじゃね。

 

がっつり余韻に浸りよったら今宵のわしらのメインアクトの時間も間近に。

 

広島じゃあ路面電車が有名じゃけぇ、せっかくじゃしバスじゃのうて路面電車で移動。

 

遅れる思うたけど、ほぼオンタイムで到着。

 

8月のZepp DiverCityで2人が「牡蠣がいい」と言いよったけん、今回はここをチョイス。

 

f:id:shigeglog:20221002191816j:image

 

ここは"牡蠣"と名の付く全てのメニューが食べ放題できる牡蠣好きには悪魔みたいなお店。

 

まぁ牡蠣もええんじゃけど、その前に、、、

 

 

 

 

f:id:shigeglog:20221002191951j:image

 

毎週ライブ行っちょるけんライフワークみたいな感じになっちょる…。

 

ほいで早速牡蠣もご到着。

 

f:id:shigeglog:20221002192141j:image

牡蠣ぽん酢

 

f:id:shigeglog:20221002192202j:image

牡蠣のソテー

 

f:id:shigeglog:20221002192303j:image

牡蠣フライ

 

f:id:shigeglog:20221002192317j:image

牡蠣チャンジャ

 

f:id:shigeglog:20221002192352j:image

牡蠣&エビチリ

 

f:id:shigeglog:20221002192412j:image

牡蠣カルパッチョ

 

 

2人は「牡蠣大きい!」言うてくれたんじゃけど、正直なところシーズンはこれからじゃけぇまだ小さい方なんよ。

それでも味はやっぱり東京で食べるよりも抜群に美味い。

 

ほいで牡蠣といえばやっぱこれよ。

 

f:id:shigeglog:20221002192653j:image

 

シンプルな蒸し牡蠣が一番美味いんじゃ。

 

あと、牡蠣というたら、、

 

f:id:shigeglog:20221002192749j:image

 

白ワインがよう合うんじゃ。。。

 

牡蠣は『海のミルク』と呼ばれるくらいでぶち食べ応えもあるけぇ、昼に続きかなりの満腹感。

 

最後は牡蠣の炊き込みご飯で〆。

 

f:id:shigeglog:20221002193019j:image

 

 

2人とも大満足な様子じゃったし、わしも感謝の極みじゃぁ…。。

 

2人との今年最後の夜は最高の夜で終了。。。

 

 

 

 

広島2日目。

ここまで地元地元いうとるけん流石に実家に顔出さずに帰るわけにはいかず。

 

f:id:shigeglog:20221002193525j:image

 

島帰らな島ぁ〜(レゲレゲ)

 

f:id:shigeglog:20221002193608j:image

 

f:id:shigeglog:20221002193638j:image

 

フェリーで30分くらいで到着。

 

実家に1時間だけ帰るつもりじゃったのに「昼飯行く」と言われて滞在時間わずか30分(笑)

 

昼はこっちではメジャーなファミレスのジョイフルへ。

関東じゃとホームセンターのジョイフルが共通認識らしいのう。

 

その後は空港行きのバスに乗るべくほぼ庭の呉へ。

 

f:id:shigeglog:20221002194019j:image

 

島に高校は無かったけんね。船乗って呉まで通いよったんよ。

この駅も昔は毎日来よったもんじゃ。

 

 

 

駅から出るバスに乗って空港へ。

 

f:id:shigeglog:20221002194348j:image

 

また年末に帰って来れるとええのう。。

 

 

 

 

f:id:shigeglog:20221002195204j:image

 

 

 

 

 

 

以上、広島編でございました。

普段東京じゃ方言喋らないし、ましてや文字で書くこともないからなんかめちゃくちゃ難しく感じた…w

そして何の巡り合わせか、今回の広島公演でGReeeeNのライブ通算50回目を迎えました。

随分と遠い数字に来たなぁとしみじみ思います。

 

今年のツアーも残りわずかとなり、あの日約束した日も少しずつ近づいていますね。

先日、約束を果たせる知らせが来ました。

 

f:id:shigeglog:20221002195355j:image

 

当選ツイートはせずパブサしていましたが、かなりの方が当選しており、私と同じく約束を果たしたい方、あの日のリベンジにのぞみたい方がお席をご用意されたようで何よりです。

楽しみですね。

 

 

ps. 毎週ライブ行ってましたが、しばらくお休み期間に入ります(笑)

 

 

 

 

twitter.com

【16】GReeeeNと不思議な大脱走〜石川金沢編〜

※本記事は公演内容に関する記載があるためネタバレを含みます。閲覧には充分ご注意ください。

 

f:id:shigeglog:20220925143932j:image

 

 

 

 

1日目

3連戦から中3日をはさみ、北陸に初上陸しました。

 

今年の遠征の中でもかなり楽しみだった場所でもあります。

 

金沢は東京から新幹線で1本で行けるのもいいですね。

 

東京駅から2〜3時間ほどで到着。

 

f:id:shigeglog:20220925144256j:image

 

いや〜、、話には聞いていましたが金沢駅はめちゃくちゃお洒落ですね。

 

木の使い方が上手すぎてモダンなデザインが良すぎました。

 

毎度のごとくホテルに荷物をブチ込み、ローソンでチケットを発券し、今回は弾丸遠征をキメ込んだガム配りエプロン氏と合流。

 

 

とりあえずランチにすることに、、、

 

 

わたし「金沢名物といえばなんすかね…🤔」

エプロン氏「寿司とかどうでしょう。魚介有名なんで。」

わたし「!!!👍👍👍」

 

全国チェーンではないローカルなお店に行くことにしました。

なんとなく普通に回転寿司をイメージしていくとお出しされたのがコチラ…。

 

f:id:shigeglog:20220925144753j:image

 

ガチの店だった。。。🤦‍♂️

 

乗るしかない、このビッグウェーブに。

 

金沢ドリームを叶えるんや

 

f:id:shigeglog:20220925144951j:image

 

真昼間からマスターズドリームでチャージしていきます。

 

f:id:shigeglog:20220925150151j:image

(撮影:エプロン氏)

 

マスターズドリーム久しぶりに飲みましたがめちゃくちゃ寿司に合う…。

 

満足度高すぎてこのまま「お疲れっした!」で帰宅しそうなくらいでした。

 

先ほどの寿司はランチセットだったので単品で寿司を追加。

 

f:id:shigeglog:20220925145233j:image
f:id:shigeglog:20220925145241j:image

 

上からフグのたたき、〆さばでございます。

 

この店の向かいのトンカツ屋さんにもフグカツ定食もあり、金沢はフグも有名ということを初めて知りました。

(後からフグの漁獲量全国1位ということが分かりました)

 

セットにあったのどぐろもバカくそ美味しかったけど流石はフグ、抜群に美味しいですね。

たたきで食べるのは初めてでしたが裏切らない美味さでした。

 

そして〆さば

回転寿司に行くと必ず〆さばを注文するくらいには好きなんですが、私がこれまで食べた〆さばはどうやらパチモンだったようです。。

 

普段食べる〆さばはとにかく酢でこれでもかというほど〆てるものですが、本当にいい〆さばは違うんですね。

 

程よく酢の味が沁みてて、鯖の味主体なのが素晴らしかったです。

 

昼から優雅な時間を過ごした我々は、駅から出ているバスに乗り、会場へ。

 

f:id:shigeglog:20220925145839j:image

 

いやぁ、、流石に知ってる人が皆無です。笑

 

1週間前はイキリ倒してガムを配り散らかすわ貰い散らかすわしてましたが、あまりのアウェー感におじさん2人で大人しくしていました。

 

一応隙を見てパシャリ📸

 

f:id:shigeglog:20220925150133j:image

 

ちなみにこのTシャツ今回初開封

なんならまだ未開封のTシャツがごっそりあります。

というか、福箱とかでSサイズMサイズのTシャツがあって着ることがないので欲しい人はお声がけください。

お譲りします。笑

 

 

開場開始し、相変わらず列に並ぶことなくゆっくりしていましたが、どうやら入場時に受け取る袋が在庫切れの模様。

15分前くらいに入ろうとしていた我々は結局、予定開演時間から5分くらい経って入場しました。

 

おナスさんと雷蔵さんに2人でご挨拶し、いざ中へ。

 

本日のお座席は。。

 

L列25番!

珍しく番号まで言う(笑)

 

f:id:shigeglog:20220925151845j:image
f:id:shigeglog:20220925151850j:image

 

見ての通り、優勝席です。

というか神戸と全く同じポジションなんですよね。

 

そしてこの日は9月23日。

ソロはやはり彼でした。

 

先日の3連戦から見事に順番にソロ日のオレンジを聴けて大満足の16回目の脱走でした。

 

さらに金沢公演には、金沢出身のnishi-kenさんも福岡同様にPA席に。

 

 

フラグ(笑)

 

今回PA席の裏でライブを見てたエプロン氏は前日購入チケットで一番の当たり席になったようです。

 

冒頭のひこひこさんのご当地ネタでは、

「金沢には強いパイプがあるから」と言っていましたが、おそらくnishi-ken先生からご教授されたネタだったかもしれません。

 

ひこひこさんだけでなく今回は一輝さんも悪魔の実のネタで8番ラーメンになぞらえてこの日は「ハチハチの実」を披露。

もう翌日のお昼ごはんが決まりました。

nishi-ken先生もツイートしてたしね。

 

 

 

そして金沢公演で毎回スタメンの本多の森ホール

構造は福岡市民会館のように全て1階席でみんなが大玉転がしに参加できていて何よりでした。

 

音響もやはり噂に違わず素晴らしい。。

反響の仕方がよく、音圧も迫力があってブチ上がりました。

 

金沢公演、最高でございました。

 

 

終演後、関西からいらしていた方々ともご挨拶させていただくこともできました。

今年のツアーから参加し始めた方のお話も聞くことができて良かったです。

 

さて、ライブ終わりの25歳一般男性2人。

やることはただ一つ。

 

昼のときに駅でおでん&クラフトビールの店を見つけた我々はすでにロックオン済みです。

会場からバスで駅に戻り狙っていたお店に行くも満席状態…

しかも閉店時間も早い…

 

金沢人寝るの早すぎない?

 

それからなんとかおでんのある店を見つけ、20分ほど待ってようやく入店。(もうこの時は是が非でもおでんを食べたかったおじさんズ)

 

f:id:shigeglog:20220925154302j:image
f:id:shigeglog:20220925154308j:image

 

我々の見解としてはライブ終わりはアサヒスーパードライが最適解です。

 

こちらのお店、おでんもありますが、魚介系がかなり充実している模様。

 

日本海をダイビングしてきました。

 

f:id:shigeglog:20220925154518j:image

刺し盛り


f:id:shigeglog:20220925154514j:image

焼き白子


f:id:shigeglog:20220925154522j:image

焼きほっけ

 

 

二転三転して入った店だけど大当たりすぎる。

この他にも、、

 

f:id:shigeglog:20220925154808j:image

加賀蓮根


f:id:shigeglog:20220925154816j:image

お目当ての金沢おでん

 

 

エプロンさんが男前だったのでバイ貝は私がいただくことに。

 

f:id:shigeglog:20220925155028j:image

 

意外と貝がデカすぎて掘り出すのが大変。。

でもU R not aloneで拳掲げてきたので無事に掘り出しました。

めちゃくちゃ美味い。。。

なんか貝殻から音楽が聞こえたかもしれない。

 

気づけば3時間くらい経ってました。

いや、美味い酒と飯があって語り倒すと時間はいくらあっても足りん…。

 

ここは次来た時もマストですね。

 

f:id:shigeglog:20220925180353j:image

 

エプロン氏をホテルに送り私も自分のホテルへ。

 

今回は、欠席した東海3連戦のリベンジ(怒り発散)でいつもよりホテルのグレードを上げました。

 

f:id:shigeglog:20220925155609j:image

 

はい、温泉付きです。

 

ライブ→飲み→温泉という最強コンボを決めてこの日は終了。

 

 

 

2日目

2日目。

朝食付きプランで泊まったので、朝風呂→朝食の強力コンボです。

 

f:id:shigeglog:20220925155837j:image

 

さすが金沢。

海鮮丼が食べられるとか凄まじいですね。

しかも刺身もいくらもズワイガニも乗せ放題。

朝から優勝しました。

 

最高のスタートダッシュを決め、この日は1日金沢観光をします。

そりゃあ怒り発散なんだから翌日で帰るわけねんだわ。😇

 

食後の運動がてら駅を歩き回り、昼ごろになったので一輝さんとの約束を果たしにこちらへ。

 

f:id:shigeglog:20220925160120j:image
f:id:shigeglog:20220925160115j:image

 

(そんな約束はしてない)

 

私が食べたのは野菜ラーメン(塩)

シャキシャキの野菜がてんこ盛りで、日高屋の野菜タンメンみたいな感じで美味しかったです。

 

この日もエンゲル係数を上げつつ、バスに乗って金沢の観光資源が集うエリアへ。

 

まずはここ。

 

21世紀美術館

 

f:id:shigeglog:20220925160320j:image

 

有名すぎる美術館。

建物が円形で入り口が何箇所もあって入る前から面白かったです。

 

この時期はこの展示をやっていました。

 

f:id:shigeglog:20220925160442j:image

 

「うつわ」というタイトルで様々な作品が展示されているようです。

 

チケット窓口には長蛇の列が。

 

事前にWebチケットを買っていた私はドヤ顔で顔パスしていきます( )

 

写真撮影は禁止だったので写真は無いのですが、一言でいうと、、

めちゃくちゃ良かった。

感性の海にどっぷり浸れたような感覚になりました。

 

こちらは写真撮影OKでした。

 

f:id:shigeglog:20220925160755j:image

 

一見、普通のプール。

ところが、、、

 

気になる方は「21世紀美術館 プール」で検索。

 

それにしても人がすごく多い(笑)

一通り館内を一周しましたが人がいないところがなかったです。

 

f:id:shigeglog:20220925161043j:image

 

外には映えそうなオブジェに人集り。

 

感性を磨いた後は美術館の向かい側にあるこちらへ。

 

兼六園

 

f:id:shigeglog:20220925161159j:image

 

こちらも有名すぎるスポット。

ちょうど雨も降ってなく、涼しい気候で歩きやすかったです。

 

ここから写真連投。。。

 

f:id:shigeglog:20220925161636j:image
f:id:shigeglog:20220925161513j:image
f:id:shigeglog:20220925161557j:image
f:id:shigeglog:20220925161659j:image
f:id:shigeglog:20220925161603j:image
f:id:shigeglog:20220925161651j:image
f:id:shigeglog:20220925161509j:image
f:id:shigeglog:20220925161519j:image
f:id:shigeglog:20220925161615j:image
f:id:shigeglog:20220925161607j:image
f:id:shigeglog:20220925161536j:image
f:id:shigeglog:20220925161503j:image
f:id:shigeglog:20220925161641j:image
f:id:shigeglog:20220925161645j:image
f:id:shigeglog:20220925161542j:image
f:id:shigeglog:20220925161551j:image
f:id:shigeglog:20220925161456j:image
f:id:shigeglog:20220925161704j:image

 

マップとか持ってないから順路が全然分かりませんでしたが、たぶんだいたい一周したかも。たぶん。

 

 

 

別の入り口まで降りて、隣接している金沢城公園へ。

 

金沢城公園

 

f:id:shigeglog:20220925161845j:image
f:id:shigeglog:20220925161848j:image

 

まともに城を訪れるのは3年前のツアーで帰りに寄った名古屋城以来かも。

 

ここは本丸は残っていませんが、石垣や二ノ丸などは現存・復元されていました。

 

f:id:shigeglog:20220925162115j:image
f:id:shigeglog:20220925162057j:image
f:id:shigeglog:20220925162458j:image
f:id:shigeglog:20220925162101j:image

f:id:shigeglog:20220925162226j:image
f:id:shigeglog:20220925162230j:image
f:id:shigeglog:20220925162216j:image
f:id:shigeglog:20220925162159j:image
f:id:shigeglog:20220925162213j:image
f:id:shigeglog:20220925162209j:image
f:id:shigeglog:20220925162204j:image
f:id:shigeglog:20220925162220j:image

 

もうかなり歩き疲れましたが、壮大で歩いてて気持ちよかったです。

兼六園は若いカップルで溢れかえってたのに金沢城はあまり人がいなかったですね。😢

 

城の近くのバス停から四方八方をカップルで囲まれながら金沢駅に帰還。

まだ夕方の5時とかでしたが、前日に閉店時間の早さ、満席前に入るべしという教訓のもと、2日目はこちらへ。

 

f:id:shigeglog:20220925162841j:image

 

クラフトビール専門店🍺

 

まずは加賀棒茶スタウトという黒ビールから。

 

f:id:shigeglog:20220925163002j:image

 

☺️☺️☺️

 

f:id:shigeglog:20220925163045j:image
f:id:shigeglog:20220925163038j:image

 

😊😊😊

 

カウンターで地ビールを堪能していると、テーブル席がかなり混んできました。

やはり教訓が全て。

 

1日目に飲み逃した加賀梅酒で〆。

 

f:id:shigeglog:20220925163226j:image

 

いやぁ〜最高。。

 

個人的にはスタウトとシトラが推しになりそうです。

他のも甲乙つけ難い美味さでした。

 

この後疲れと酔いで泥のように寝まくりました。

 

 

3日目

そして3日目最終日。

 

この日も朝の温泉と海鮮丼で開幕し、新幹線まで時間がある私は、あるところに行きます。

 

TSUTAYA金沢店さんです。

 

ここは、かつてGReeeeNONE PIECEの単行本にサインしたものが展示されていたこともあり、ワンチャンまだ置かれてるかなと思い寄ってみることにしました。

 

 

 

ところが。。。

 

 

 

やっぱ置いてなかった。😢

 

や、ダメ元で行ったしね?数年前の話だしね?まぁ仕方ないです。

駅に引き返し昼飯に能登豚丼を食べようと思っていましたが、かなりの行列。

流石に新幹線に乗り遅れたくはないので、駅をまわっていた時に気になっていたおにぎりと能登牛コロッケを購入。

 

f:id:shigeglog:20220925164049j:image

 

ついでに加賀棒茶と地ビールも購入。

 

これらをいただきながら本記事を書かせていただきました。

 

以上、金沢編でございました。

 

 

f:id:shigeglog:20220925164718j:image
f:id:shigeglog:20220925164722j:image

f:id:shigeglog:20220925164329j:image
f:id:shigeglog:20220925164325j:image
f:id:shigeglog:20220925164316j:image
f:id:shigeglog:20220925164748j:image
f:id:shigeglog:20220925164321j:image

 

もうすでにまた行きたい。😇

 

 

 

 

 

twitter.com

【15】GReeeeNと不思議な大脱走〜神奈川厚木編〜

※本記事は公演内容に関する記載があるためネタバレを含みます。閲覧には充分ご注意ください。

 

f:id:shigeglog:20220919200103j:image

 

自分史上初の3連戦です。

自分史上最高を体現していきます。

 

この年齢になるともう一晩で体力を回復することはできないんですよね。😢

 

朝、起きると晴れていたので「雨の予報はどこにいった?」となりましたが、登戸に向かっていると自分革命レベルで雨が降っていました。☔️

 

登戸から私の推しのGReeeeN CREWが車で拾ってくれまして、大雨でしたが優雅にドライブできました。

 

一緒に車で拾ってもらったもう1人の推しからはワンダフォ〜なプレゼントが。

 

f:id:shigeglog:20220919201536j:image

 

神ですね。

さすが推し。

しかも一番搾り

チョイスが素晴らしい。👏

 

 

 

ランチをはさみ、会場には14時くらいに着きました。

 

なんと晴れてるではありませんか。

とうとう雨男卒業ですかね。

 

 

久しぶりにここで写真撮った気がする。

 

f:id:shigeglog:20220919202158j:image

 

 

入場も進み、人もまばらになったところで私も入場。

入場口には渋谷に続き音武者さんが。

 

音武者さん「「音武者でーす!」」(名刺スっ)

わたし (ぺこり)👏

音武者さん「「あっ!」」(昨日来たよな?)

わたし「!!」

わたし「RED ORCAとの学園祭も頑張ってください!」

音武者さん「「「ありがとうございまーす!」」」

 

お、覚えられてしまった…?

キャパオーバーになりながら進むと雷蔵さんも名刺を配っていました。

 

ん!?いつもの名刺と違う??😳

なんと1枚1枚直筆でサインを書いてくれてるじゃないですか!

 

やだー!もうー!

ありがとうございますー!

 

と思ってたら

 

雷蔵さん「名前も書こうか😊」

わたし「えー!ありがとうございます😭」

わたし (名前伝えなきゃ)

わたし「シ…」

雷蔵さん「"シゲくんへ"っと✍️」

 

f:id:shigeglog:20220919232146j:image

 

やだー!もうー!

ありがとうございますー!

 

お宝が降ってきました。。。

 

 

 

そして気になる読者も出てきた(出てない)座席発表のお時間です。

 

今回は、、、

 

 

1階9列中央席。

 

はい。

中央です。

ドセンターです。

 

しかもVIPから一段段差の上に上がったブロックなので前日の渋谷よりも見晴らしがいい。

しかも聞くところによると厚木文化会館は今年でリニューアルするとかしないとか。

3ツアーでお世話になった会場の景色を堪能しました。

何気に厚木は皆勤賞です。

 

ソロはnaviさん。

SOHさん→HIDEさん→naviさんと3連戦でいい配分で来てくれて良かったです。

そろそろ92さんもまた聴きたくなりましたね。

 

そして今回は規制退場最終組。

しかも真ん中の席なので私が最後に捌ける形に。

 

ライブの熱気を帯びたまま、誰もいなくなった会場を眺められるという最高の体験が出来ました。

 

今年ホントに何かの陰謀を感じる…。

 

 

 

退場後、外には音武者さんが。

 

一目散に駆け寄り写真をお願いするとちょうどおナスさんも。

 

音武者さん「「あっ!👉」」

わたし「(ぺこり) お写真いいですか…?」

音武者さん「「おぉ〜!ぜひ!」」

音武者さん「「「おい!写真撮るぞ」」」(他のメンバーに)

ゾロゾロ…

おナスさん「撮ってあげるよ」

わたし「ぬぉぉ、、ありがとうございます」

おナスさん「はい、チーズ」

 

f:id:shigeglog:20220919224808j:image

 

ライブもいつか必ず行くことを伝えられました。

 

 

 

そしてこちらも。

 

f:id:shigeglog:20220919224924j:image

 

撤収作業中にもかかわらず申し訳ございませんでした。🙇‍♂️

 

 

1年ぶりの厚木、かなり濃密な1日となりました。

 

相変わらず7〜8割が初めての方でしたが、トロッコ問題が出されることを知ると笑いが起こるし、かなり反応もよく高い熱量を感じました。

 

そして、帰り道。

車内で若人たちがチケットを追加しながら熱く語る姿にあの言葉が脳内をよぎりました。

 

 

 

こうして今を燃やしてる次の世代の子たちに、惜しみなく全てを託していきたいと思いました。

なんか「コイツもうファン辞めるんか?」って感じになりましたが別にそういうわけではございません(笑)

 

たぶん原因はコイツ。

 

f:id:shigeglog:20220919232704j:image

 

 

ps. 厚木公演アンケでも書いたんですが、"あること"を帰り際におナスさんにお願いしました。

元々検討していたのかは分かりませんが、「おぉ〜なるほどねぇ〜👍👍」って反応だったのでちょびっと一緒に楽しみにしてもらえるといいかなと。。

 

 

 

 

 

twitter.com